【着物の柄】江戸小紋三役「行儀」柄について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸小紋三役、行儀とはどんな柄?

前回は、江戸小紋三役のうち「鮫」柄をご紹介しましたので、今回は「行儀」柄をご紹介したいと思います。

行儀も江戸小紋三役のうち一つで、斜め45度に直線的に丸紋が並んでいます。

直線的な配列ですので、着物もなんとなくキチッとした印象になります。

江戸小紋三役「行儀」の意味とは?

江戸小紋三役・行儀は、丸紋が斜め45度に規則正しく配置されていることから、”礼を尽くす”という意味を持っています。

おじぎをするときに斜めに体を傾けることが、行儀柄の由来だとされています。

紋を入れればフォーマルにもぴったりの着物ですので、需要も高く一定の人気があります。

 

江戸小紋、行儀の藩は?

江戸小紋はかつて、藩によって使うことの出来る柄が定められていました。

行儀の江戸小紋は、仙台藩伊達家の定め柄だったとされています。

元々は裃の柄として使用されていましたが、それが着物に用いられ、「江戸小紋」となりました。

 

実は江戸小紋の型紙はかなり小さく、物によって大きさは変わりますが、大体20cm×40cm程度しかありません。

行儀だとその柄がずれないよう、直線的に継いでいかなければいけませんので、作り手の集中力と根気が必要とされます。

 

江戸小紋着物「行儀」柄にも種類があります

行儀柄も大きさによって呼び名が変わり、一番小さな「極行儀」、「中行儀」、そして丸紋の間隔が広くなった「並行儀」があります。

細かければ細かいほどにきっちりした印象になり、特に極行儀となると遠目からは無地の着物に見えてきます。

中行儀だと、ある程度近寄れば柄が確認でき、並行儀は普通にしていても柄がはっきり分かる物も多いので、フォーマルからカジュアルまで着用することが出来ます。

ですが並行儀の着物は、ある程度カジュアルな装いで着ることが多いかな?とは思います。

フォーマルな着物にふさわしいのはやはり極行儀になってきますので、そちらを選ばれる方が多いかなと。

きちんとした礼装の着物として行儀の江戸小紋を着る場合、念には念を入れ、極行儀、中行儀までですかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。