着物について

着物の素敵な点を直感的にご説明・・・

みなさん、着物の魅力ってなんだと思いますか?
着物と言えば、日本の古き良きファッションですよね。そんな、昔は誰しもが来ていた着物ですが、現代ではほとんど着る機会がなくなってきました。
今回は、そんな着物の魅力について紹介します!

着物の魅力1 日本人らしさ


先ほども述べたように、着物は古き良き日本の文化と言えます。そんな日本の文化に触れることができる着物、とても素敵ではありませんか?他の国にはない良さだと言えます。

着物を着ることで、日本人としての誇りも感じられます。

着物の魅力2 さまざまなジャンル


着物は古風なファッションではあります。しかし、時代に合わせてさまざまなジャンルの着物があるのをご存知ですか?モダンな着物もあれば、由緒正しい着物も。

その日の気分や、出かけ先に合わせて着物をチョイスできるんですよ!

着物の魅力3 生地の違い


着物のおもしろさといえば、やはり生地の違いではないでしょうか?着物によって、使う生地の柄、薄さ、丈、形、すべてが異なっています

季節に合わせて、着物の種類も違うんですよ!呉服屋に行けば、何百もの着物の生地が並んでいるのをよく見かけます。それほど、着物は奥が深いものなんですよね。
その生地を選んで、自分オリジナルの着物を創る事ができるのは、とても楽しいんです。

以上、着物の魅力の紹介でした。いかがでしたか?自分には関係ないなぁと思っているあなた。意外と、着物を創って、着てみると、楽しいかもしれませんよ?
日本人だからこそ、着物に袖を通してみてくださいね!

【着物コラム】十二単は本当に着ていたの?

近年は、結婚式か成人式でもない限り、一般女性が着物を着ている姿を見ることは無くなっています。

確かに、着物は洋服に比べるといかにも動きづらそうです。

そんな着物の中でびっくりするのが、博物館などに飾られている、昔の高貴な女性が着ていたとされる「十二単」です。

十二単の中身

十二単の正式名称は「五衣唐衣裳」であり、以下のように着られていました。

  1. 素肌に「長袴」を履きます。
  2. 肌着である「単衣(ひとえ)」を着ます。
  3. 「五衣(いつつぎぬ)」を5枚以上重ねます。
  4. 「表着(うはぎ)」を重ねます。
  5. 正装である「唐衣(からぎぬ)」と「裳(も)」を着けます。
    なお、「表着」の下に「打衣(うちぎぬ)」を着ることもあります。十二単を切る場合は桧扇(ひおうぎ)を持ち、髪型は大垂髪(おすべらかし)が基本です。

十二単は平安時代中期の部屋持ちの「女房」が儀式の際に着る装束ですが、重さは平均20kgになります

重ねる衣の枚数はまちまちで、『栄花物語』の中の記述に、20枚以上も重ねて動けなくなった女性が出てきます。

室町時代には5枚となり、以降「五衣」と呼ばれるようになっています。

「十二」とは?

五衣唐衣裳を十二単と呼ぶようになったのは、「源平盛衰記」に『弥生の末の事なれば、藤がさねの十二単の御衣を召され』という文言があり、それを世間の人が勝手に思い込んだようです。

実際に、宮中では十二単という呼び名がありません。

たくさんの鮮やかな色の着物が重なっているため、多いことを表現するための語呂合わせで「十二」が使われたと推察されます。

着物の小物には何が必要?迷った時にはセットで購入が便利!

着物だけじゃ着られない?着付けにあたって重要な小物たち

着物を着るときに必要になるのは、着物本体だけではありません。

実は、着物の下に着用する下着や着物を着飾る小物などが必要となります

しかし着物初心者は、着物の下着や小物にはどんなものが必要かわからないですね。

そんな時には、あらかじめセットになったものを購入すると便利です。

 

着物や帯の他にも必要な小物は沢山

着物の下着に関しては、ワンピースになったもの、上下に分かれているものもあります。

また足袋などもさまざまな種類があります。

着物は反物を仕立てて作るものなので、その形は寸胴。

しかし私たちの体にはバストやウエストなど凹凸がありますね。

そこでタオルなどを使用して寸胴体型を作るのも大切な着物を着るときのスタイル作り。

そのためスタイルが良い人ほど、下着も選ぶ必要があります。

更に着物を着用した時に結び帯

これは着物に合ったものを使用するため、着物とセットで購入することがほとんどです。

しかし帯紐や草履、バックといったものはそれぞれに購入する必要がありますね。

また、華やかに見せるためには髪飾りも色を合わせることも大切です。

着物を着る前に、小物も一式準備しておくのがおすすめです

着物を着るということは、まずはその着物の準備をしっかりしておくことが大切なのです。

始めに着物と一緒に下着や小物のセットを購入しておくと、いざ着付けをするときに困りません。

またセットで購入しておく方が、バラバラでそろえるよりもリーズナブルな価格で購入できるというメリットもあるのです。

着物デビューするならまずは1日レンタルがお勧めの理由

「着物でお出掛けしたり、写真を撮ったりしたい」という方は最近増えているのではないでしょうか。

SNSに着物姿の写真を載せてみたり、神社巡りや観光地を巡るのがトレンドとなっており、今話題となっているのです。

ですが着物は買うとなると数十万するものも。でも安いのは柄が選べないし、とお悩みの方にお勧めなのが「着物レンタル」です。

レンタルで気軽に着物の世界を楽しむ

着物レンタルでは、何十、何百という種類の着物の中から好きな着物を選ぶことができます。その他にも帯や鞄、下駄やヘアアクセサリーなどの小物までも好きなデザインの中からレンタルすることができます。自由に組み合わせることができるのは嬉しいですよね。
着物と小物を選んだあとは着物の着付けまで行ってくれます。

ここで、帯の締めかたのデザインも選ばせてくれます。

シンプルに締めても良いですし、リボンなど少し変わった締め方にしても可愛いですよね。

また、着物の雰囲気に合ったヘアアレンジもサービスしてくれるお店が多いです。

何種類かの髪型の中から好きな髪型を選び、アレンジしてくれるのです。

なので着物に着替えるために何か必要なものを準備する必要もありませんし、気軽に着物を楽しむことができるので着物初心者の方にはとてもお勧めです。

 


また、お店にもよりますが着物レンタルは1日の期限が設けられていることが多いです。

料金も4000円から6000円くらいの設定の店が多く、お手頃価格で楽しむことができます。

一旦レンタルで着物を楽しんでみて、もし自分の着物が欲しくなったら購入するという方法もありますから、まずはレンタルから始めてみてはいかがでしょうか。