2018年 3月 の投稿一覧

着物の買取方法について徹底解説

着物の買取方法を解説します!(個人的な意見も含まれます)

前回の記事では、着物買取の出張買取について少しご紹介しました。

この記事では、宅配買取と店頭買取についてもご紹介していきたいと思います。

着物の宅配買取とは?結構人気のある買取方法です

着物の宅配買取とは、事前に申し込みのうえ、着物を段ボールに入れて買取業者へと郵送して買取してもらう方法です。

着物が買取業者に到着すれば査定が始まり、買取価格は電話かメールで知らせてくれます。

その買取価格に納得したら買取成立、納得できなければキャンセル扱いとなり、着物は返送されてきます。

着物を送ったからといって必ず買取してもらわないといけない、という訳ではないので、気軽に利用できるのも良いポイントだと思います。

また、宅配便を利用しての着物買取なので、日頃忙しい方や、なかなか家を空けられない方でも簡単に利用できます。

査定員と直接会うわけではないので、気持ちの面でも楽に買取してもらうことが出来るかと思います。

実際、私の周りに聞いてみても、だいたい半数が宅配買取、あとの半数は出張買取を選ぶとの回答でした。

かなり人気のある買取方法ですので、買取業者側もマニュアルが整っており、なかなか臨機応変に対応してもらうことも出来ますよ。

 

着物の店頭買取とは?少量の着物であれば店頭買取もおすすめです

着物の店頭買取は、店頭へ着物を持っていき査定してもらう方法です。

着物を持ち運ぶ必要があるので、車でない限りかなり厳しいかと思います(帯一点などであれば簡単に持ち運びも出来ますが・・・)

さらに、雨の日なども出来れば避けたいところではあります。

ただ、店頭買取のメリットとしては、思い立ったらすぐに利用できるという点があります。

出張買取は買取業者へ予約を入れなければいけませんし、宅配買取も、宅配を利用した買取方法なので配送にそれなりの日数はかかります。

ただ着物の店頭買取は、結構個人で経営されている業者さんも多いため、利用する業者によっては事前予約が必要だったり、電話で営業しているか確かめる必要も出てきます(大手の買取業者であれば必要ありませんが・・・)

 

 

着物の買取って何?どのような方法があるか徹底解説

リサイクル着物や中古着物の魅力について

近年、リサイクル着物や中古着物業界が成長しています。

着物=高いもの、というイメージは沢山の人がお持ちかと思いますが、リサイクル着物であれば新品の着物のように高額な値段ではありません。

そのため、リーズナブルな価格で立派な着物を楽しむことが出来たり、アンティーク着物ならではの柄を楽しんだり・・・

着物は敷居が高いと敬遠していても、価格帯が安くなることで手に取りやすくなります。

フォーマルな場で着物を着るときにも、お安く揃えられたら嬉しいですよね。

本来、着物は「良い着物であれば三代は着ることが出来る」と言われるほどに、長持ちするものです。

ですが近年は洋服が主流になっていますので、着物を着る機会がなく、手放される方、また譲る方がいない方も多いです。

けれども、まだまだ着ることの出来る着物を処分してしまうのは、忍びない。

そこで生まれたのが、中古着物やリサイクル着物の市場です。

このブログでは、着物の価値や売る場合の注意点なども書いていけたらと思っています。

着物の買取方法とは?簡単に利用できる?

さて、着物の買取ですが、呉服商に持って行って、価値を定めてもらって・・・

というイメージを抱いている方も多いかも知れませんが、呉服商に行かなくても簡単に着物を買取してもらうことが出来ます。

買取の方法によっては、着物を店頭へ持っていく必要もありません。

近年は「着物の買取業者」が発達しており、全国どこにお住まいでも、さらに着物に関しての知識が一切なくても、簡単に着物を買取してもらうことが出来ます。

着物の買取業者の買取方法としては、

  • 自宅にいながらにして着物を買取ってもらえる、出張買取
  • 宅配で着物を郵送するので、忙しい方でも簡単な宅配買取
  • 店頭に着物を持っていき、査定してもらう店頭買取

の3つの方法があります。

着物買取業者によっては、宅配買取を郵送買取と表現したりもしますが、言葉が異なるだけで内容は一緒です。

 

出張買取は、着物の査定員が自宅に来てくれて、自宅で着物の査定を行ってくれます。

買取金額に了承すれば買取成立となり、その場で現金を受け取ることが出来るというのも、なかなか良い話です。

着物は嵩張りますし重量もそれなりにありますので、沢山の着物を売りたい場合、出張買取は打って付けだといえるのです。

(ちなみに査定員は車で訪問するので、帰りの荷物を心配する必要もありません。)

 

着物の買取方法のおすすめは、個人的には出張買取がおすすめです。

 

ですが人によって最適な買取方法は異なりますので、それぞれの方法も記事にしていけたらと思っています。

 

【着物の柄】江戸小紋三役「行儀」柄について

江戸小紋三役、行儀とはどんな柄?

前回は、江戸小紋三役のうち「鮫」柄をご紹介しましたので、今回は「行儀」柄をご紹介したいと思います。

行儀も江戸小紋三役のうち一つで、斜め45度に直線的に丸紋が並んでいます。

直線的な配列ですので、着物もなんとなくキチッとした印象になります。

江戸小紋三役「行儀」の意味とは?

江戸小紋三役・行儀は、丸紋が斜め45度に規則正しく配置されていることから、”礼を尽くす”という意味を持っています。

おじぎをするときに斜めに体を傾けることが、行儀柄の由来だとされています。

紋を入れればフォーマルにもぴったりの着物ですので、需要も高く一定の人気があります。

 

江戸小紋、行儀の藩は?

江戸小紋はかつて、藩によって使うことの出来る柄が定められていました。

行儀の江戸小紋は、仙台藩伊達家の定め柄だったとされています。

元々は裃の柄として使用されていましたが、それが着物に用いられ、「江戸小紋」となりました。

 

実は江戸小紋の型紙はかなり小さく、物によって大きさは変わりますが、大体20cm×40cm程度しかありません。

行儀だとその柄がずれないよう、直線的に継いでいかなければいけませんので、作り手の集中力と根気が必要とされます。

 

江戸小紋着物「行儀」柄にも種類があります

行儀柄も大きさによって呼び名が変わり、一番小さな「極行儀」、「中行儀」、そして丸紋の間隔が広くなった「並行儀」があります。

細かければ細かいほどにきっちりした印象になり、特に極行儀となると遠目からは無地の着物に見えてきます。

中行儀だと、ある程度近寄れば柄が確認でき、並行儀は普通にしていても柄がはっきり分かる物も多いので、フォーマルからカジュアルまで着用することが出来ます。

ですが並行儀の着物は、ある程度カジュアルな装いで着ることが多いかな?とは思います。

フォーマルな着物にふさわしいのはやはり極行儀になってきますので、そちらを選ばれる方が多いかなと。

きちんとした礼装の着物として行儀の江戸小紋を着る場合、念には念を入れ、極行儀、中行儀までですかね。