着物はリサイクルショップで売れる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不要になった着物は、たんすの肥やしになる・・・だけならまだ良いのですが、湿気や虫食いなど、経年によってもダメージが進行してしまいます。

 

そこで、着ていない着物の行き先として「着物を売りたい」へと行きつくのですが、やっぱり売りたいときにちょっとでも高く売りたいはずです。

着物売る方法は複数ありますが、すぐ思いつく中でも代表的なものに、リサイクルショップや古着屋などがあります。

そして、現在であればフリマアプリや、ネットのオークションで売るといった方法もありますね。

着物売りたいときに思いつくのは、やはり街中などでも目に触れるチャンスが多いリサイクルショップがあります。

着物は売ったことはなくても、洋服や小物、あるいはゲームなど、それ以外のものを売ったことのある方は多いでしょう。

そしてリサイクルショップで売るメリットは、何よりも”手軽さ”があります。

ですが、リサイクルショップで着物を売るには大きなデメリットがあります。それは、ほとんどのリサイクルショップの店員さんが、着物に詳しくないであろう方という可能性です。

そして、リサイクルショップの主力商品は、洋服やブランド品、そして家電などが一般的です。

売り場をチェックしてもらうと分かりますが、着物を売ってるリサイクルショップは極めて稀です。ということは、リサイクルショップへ着物を買いに来る方も稀なのです。

着物に詳しくなければ、その着物の価値も正確に判断できず、さらに店として売れないものに高額な値段は付けにくいのです。

そして、例え高値で価値が高い着物であっても、正当な評価が分からず、低い買取価格に留まってしまうケースも多いです。

リサイクルショップは手軽で身近なものですが、着物を高く売りたければ、あまり向いているサービスではないでしょう。

 

着物を売りたければ古着屋も候補に入りますが、ここもリサイクルショップと同じように、店員に着物詳しい方がいなくて、着る方が少ない着物は買取対象にならないお店が多いです。

もちろん、リサイクルショップも古着屋も、お店によっては着物の買取を受け付けている場合があります。

着物は大きくて重くて、持ち運ぶのも大変ですので、持ち込む前には一度お店のホームページで買取対象の商品を確認するか、電話で質問されてみることをおすすめします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。