着物の買取方法について徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

着物の買取方法を解説します!(個人的な意見も含まれます)

前回の記事では、着物買取の出張買取について少しご紹介しました。

この記事では、宅配買取と店頭買取についてもご紹介していきたいと思います。

着物の宅配買取とは?結構人気のある買取方法です

着物の宅配買取とは、事前に申し込みのうえ、着物を段ボールに入れて買取業者へと郵送して買取してもらう方法です。

着物が買取業者に到着すれば査定が始まり、買取価格は電話かメールで知らせてくれます。

その買取価格に納得したら買取成立、納得できなければキャンセル扱いとなり、着物は返送されてきます。

着物を送ったからといって必ず買取してもらわないといけない、という訳ではないので、気軽に利用できるのも良いポイントだと思います。

また、宅配便を利用しての着物買取なので、日頃忙しい方や、なかなか家を空けられない方でも簡単に利用できます。

査定員と直接会うわけではないので、気持ちの面でも楽に買取してもらうことが出来るかと思います。

実際、私の周りに聞いてみても、だいたい半数が宅配買取、あとの半数は出張買取を選ぶとの回答でした。

かなり人気のある買取方法ですので、買取業者側もマニュアルが整っており、なかなか臨機応変に対応してもらうことも出来ますよ。

 

着物の店頭買取とは?少量の着物であれば店頭買取もおすすめです

着物の店頭買取は、店頭へ着物を持っていき査定してもらう方法です。

着物を持ち運ぶ必要があるので、車でない限りかなり厳しいかと思います(帯一点などであれば簡単に持ち運びも出来ますが・・・)

さらに、雨の日なども出来れば避けたいところではあります。

ただ、店頭買取のメリットとしては、思い立ったらすぐに利用できるという点があります。

出張買取は買取業者へ予約を入れなければいけませんし、宅配買取も、宅配を利用した買取方法なので配送にそれなりの日数はかかります。

ただ着物の店頭買取は、結構個人で経営されている業者さんも多いため、利用する業者によっては事前予約が必要だったり、電話で営業しているか確かめる必要も出てきます(大手の買取業者であれば必要ありませんが・・・)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。